僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヘブル人への手紙*第9章9:1~9:28


9:1

さて、初めの契約にも、礼拝についてのさまざまな規定と、地上の聖所とがあった。

9:2

すなわち、まず幕屋が設けられ、その前の場所には燭台と机と供えのパンとが置かれていた。

これが、聖所と呼ばれた。

9:3

また第二の幕の後に、別の場所があり、それは至聖所と呼ばれた。

9:4

そこには金の香壇と全面金でおおわれた契約の箱とが置かれ、

その中にはマナのはいっている金のつぼと、芽を出したアロンのつえと、契約の石板とが入れてあり、

9:5

箱の上には栄光に輝くケルビムがあって、贖罪所をおおっていた。

これらのことについては、今ここで、いちいち述べることができない。

9:6

これらのものが、以上のように整えられた上で、祭司たちは常に幕屋の前の場所にはいって礼拝をするのであるが、

9:7

幕屋の奥には大祭司が年に一度だけはいるのであり、

しかも自分自身と民とのあやまちのためにささげる血をたずさえないで行くことはない。

9:8

それによって聖霊は、前方の幕屋が存在している限り、聖所にはいる道はまだ開かれていないことを、明らかに示している。

9:9

この幕屋というのは今の時代に対する比喩である。

すなわち、供え物やいけにえはささげられるが、儀式にたずさわる者の良心を全うすることはできない。

9:10

それらは、ただ食物と飲み物と種々の洗いごとに関する行事であって、改革の時まで課せられている肉の規定にすぎない。

9:11

しかしキリストがすでに現れた祝福の大祭司としてこられたとき、手で造られず、

この世界に属さない、さらに大きく、完全な幕屋をとおり、

9:12

かつ、やぎと子牛との血によらず、ご自身の血によって、一度だけ聖所にはいられ、それによって永遠のあがないを全うされたのである。

9:13

もし、やぎや雄牛の血や雌牛の灰が、汚れた人たちの上にまきかけられて、肉体をきよめ聖別するとすれば、

9:14

永遠の聖霊によって、ご自身を傷なき者として神にささげられたキリストの血は、

なおさら、わたしたちの良心をきよめて死んだわざを取り除き、生ける神に仕える者としないであろうか。
スポンサーサイト
ヘブル人への手紙*第9章9:1~9:28…の続きを読む
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヘブル人への手紙*第8章8:1~8:13


8:1

以上述べたことの要点は、このような大祭司がわたしたちのためにおられ、天にあって大能者の御座の右に座し、

8:2

人間によらず主によって設けられた真の幕屋なる聖所で仕えておられる、ということである。

8:3

おおよそ、大祭司が立てられるのは、供え物やいけにえをささげるためにほかならない。

したがって、この大祭司もまた、何かささぐべき物を持っておられねばならない。

8:4

そこで、もし彼が地上におられたなら、律法にしたがって供え物をささげる祭司たちが、現にいるのだから、彼は祭司ではあり得なかったであろう。

8:5

彼らは、天にある聖所のひな型と影とに仕えている者にすぎない。

それについては、モーセが幕屋を建てようとしたとき、御告げを受け、


「山で示された型どおりに、注意してそのいっさいを作りなさい」と言われたのである。

8:6

ところがキリストは、はるかにすぐれた務を得られたのである。

それは、さらにまさった約束に基いて立てられた、さらにまさった契約の仲保者となられたことによる。

8:7

もし初めの契約に欠けたところがなかったなら、あとのものが立てられる余地はなかったであろう。

8:8

ところが、神は彼らを責めて言われた、「主は言われる、見よ、わたしがイスラエルの家およびユダの家と、新しい契約を結ぶ日が来る。

8:9

それは、わたしが彼らの先祖たちの手をとって、エジプトの地から導き出した日に、彼らと結んだ契約のようなものではない。

彼らがわたしの契約にとどまることをしないので、わたしも彼らをかえりみなかったからであると、主が言われる。

8:10

わたしが、それらの日の後、イスラエルの家と立てようとする契約はこれである、と主が言われる。

すなわち、わたしの律法を彼らの思いの中に入れ、彼らの心に書きつけよう。

こうして、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となるであろう。

8:11

彼らは、それぞれ、その同胞に、また、それぞれ、その兄弟に、主を知れ、と言って教えることはなくなる。

なぜなら、大なる者から小なる者に至るまで、彼らはことごとく、わたしを知るようになるからである。
ヘブル人への手紙*第8章8:1~8:13…の続きを読む
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヘブル人への手紙*第7章7:1~7:28

7:1

このメルキゼデクはサレムの王であり、いと高き神の祭司であったが、王たちを撃破して帰るアブラハムを迎えて祝福し、

7:2

それに対して、アブラハムは彼にすべての物の十分の一を分け与えたのである。

その名の意味は、第一に義の王、次にまたサレムの王、すなわち平和の王である。

7:3

彼には父がなく、母がなく、系図がなく、生涯の初めもなく、生命の終りもなく、神の子のようであって、いつまでも祭司なのである。

7:4

そこで、族長のアブラハムが最もよいぶんどり品の十分の一を与えたのだから、

この人がどんなにすぐれた人物であったかが、あなたがたにわかるであろう。

7:5

さて、レビの子のうちで祭司の務をしている者たちは、兄弟である民から、

同じくアブラハムの子孫であるにもかかわらず、十分の一を取るように、律法によって命じられている。

7:6

ところが、彼らの血統に属さないこの人が、アブラハムから十分の一を受けとり、約束を受けている者を祝福したのである。

7:7

言うまでもなく、小なる者が大なる者から祝福を受けるのである。

7:8

その上、一方では死ぬべき人間が、十分の一を受けているが、他方では「彼は生きている者」とあかしされた人が、それを受けている。

7:9

そこで、十分の一を受けるべきレビでさえも、アブラハムを通じて十分の一を納めた、と言える。

7:10

なぜなら、メルキゼデクがアブラハムを迎えた時には、レビはまだこの父祖の腰の中にいたからである。

7:11

もし全うされることがレビ系の祭司制によって可能であったら民は祭司制の下に律法を与えられたのであるが

なんの必要があって、なお、「アロンに等しい」と呼ばれない、別な「メルキゼデクに等しい」祭司が立てられるのであるか。

7:12

祭司制に変更があれば、律法にも必ず変更があるはずである。

7:13

さて、これらのことは、いまだかつて祭壇に奉仕したことのない、他の部族に関して言われているのである。

7:14

というのは、わたしたちの主がユダ族の中から出られたことは、明らかであるが、

モーセは、この部族について、祭司に関することでは、ひとことも言っていない。
ヘブル人への手紙*第7章7:1~7:28…の続きを読む
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヘブル人への手紙*第6章6:1~6:20

6:1

そういうわけだから、わたしたちは、キリストの教の初歩をあとにして、完成を目ざして進もうではないか。

今さら、死んだ行いの悔改めと神への信仰、

6:2

洗いごとについての教と按手、死人の復活と永遠のさばき、などの基本の教をくりかえし学ぶことをやめようではないか。

6:3

神の許しを得て、そうすることにしよう。

6:4

いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者となり、

6:5

また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが、

6:6

そののち堕落した場合には、またもや神の御子を、自ら十字架につけて、さらしものにするわけであるから、

ふたたび悔改めにたち帰ることは不可能である。

6:7

たとえば、土地が、その上にたびたび降る雨を吸い込で、耕す人々に役立つ作物を育てるなら、神の祝福にあずかる。

6:8

しかし、いばらやあざみをはえさせるなら、それは無用になり、やがてのろわれ、ついには焼かれてしまう。

6:9

しかし、愛する者たちよ。

こうは言うものの、わたしたちは、救にかかわる更に良いことがあるのを、あなたがたについて確信している。

6:10

神は不義なかたではないから、あなたがたの働きや、あなたがたがかつて聖徒に仕え、

今もなお仕えて、御名のために示してくれた愛を、お忘れになることはない。

6:11

わたしたちは、あなたがたがひとり残らず、最後まで望みを持ちつづけるためにも、同じ熱意を示し、

6:12

怠ることがなく、信仰と忍耐とをもって約束のものを受け継ぐ人々に見習う者となるように、と願ってやまない。

6:13

さて、神がアブラハムに対して約束されたとき、さして誓うのに、ご自分よりも上のものがないので、ご自分をさして誓って、

6:14

「わたしは、必ずあなたを祝福し、必ずあなたの子孫をふやす」と言われた。

6:15

このようにして、アブラハムは忍耐強く待ったので、約束のものを得たのである。

6:16

いったい、人間は自分より上のものをさして誓うのであり、そして、その誓いはすべての反対論を封じる保証となるのである。

6:17

そこで、神は、約束のものを受け継ぐ人々に、ご計画の不変であることを、いっそうはっきり示そうと思われ、誓いによって保証されたのである。
ヘブル人への手紙*第6章6:1~6:20…の続きを読む
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
マタイにより福音書6章22節~23節


体のともし火は目である。

目が澄んでいれば、あなたの全身が明るいが、濁っていれば、全身が暗い。

だから、あなたの中にある光が消えれば、その暗さはどれほどであろう。


聖書って心に問いかけてきますよね(゚∀゚。)

別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| カラスの蒼い空 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。