僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
詩篇【第10篇】10:1~10:18‐悪しき者


第10篇


10:1主よ、なにゆえ遠く離れて立たれるのですか。

なにゆえ悩みの時に身を隠されるのですか。

10:2悪しき者は高ぶって貧しい者を激しく責めます。

どうぞ彼らがその企てたはかりごとにみずから捕えられますように。

10:3悪しき者は自分の心の願いを誇り、むさぼる者は主をのろい、かつ捨てる。

10:4悪しき者は誇り顔をして、神を求めない。

その思いに、すべて「神はない」という。

10:5彼の道は常に栄え、あなたのさばきは彼を離れて高く、彼はそのすべてのあだを口先で吹く。

10:6彼は心の内に言う、「わたしは動かされることはなく、世々わざわいにあうことがない」と。

10:7その口はのろいと、欺きと、しえたげとに満ち、その舌の下には害毒と不正とがある。

10:8彼は村里の隠れ場におり、忍びやかな所で罪のない者を殺す。

その目は寄るべなき者をうかがい、

10:9隠れ場にひそむししのように、ひそかに待ち伏せする。

彼は貧しい者を捕えようと待ち伏せし、貧しい者を網にひきいれて捕える。

10:10寄るべなき者は彼の力によって打ちくじかれ、衰え、倒れる。

10:11彼は心のうちに言う、「神は忘れた、神はその顔を隠した、神は絶えて見ることはなかろう」と。

10:12主よ、立ちあがってください。

神よ、み手をあげてください。

苦しむ者を忘れないでください。

10:13なにゆえ、悪しき者は神を侮り、心のうちに「あなたはとがめることをしない」と言うのですか。

10:14あなたはみそなわし、悩みと苦しみとを見て、それをみ手に取られます。

寄るべなき者はあなたに身をゆだねるのです。

あなたはいつもみなしごを助けられました。

10:15悪しき者と悪を行う者の腕を折り、その悪を一つも残さないまでに探り出してください。

10:16主はとこしえに王でいらせられる。

もろもろの国民は滅びて主の国から跡を断つでしょう。

10:17主よ、あなたは柔和な者の願いを聞き、その心を強くし、耳を傾けて、

10:18みなしごと、しえたげられる者とのためにさばきを行われます。

地に属する人は再び人を脅かすことはないでしょう。


スポンサーサイト
別窓 | 詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
詩篇【第9篇】9:1~9:20‐主はしえたげられる者のとりで悩みのとりで


第9篇


9:1わたしは心をつくして主に感謝し、あなたのくすしきみわざをことごとく宣べ伝えます。

9:2いと高き者よ、あなたによってわたしは喜びかつ楽しみ、あなたの名をほめ歌います。

9:3わたしの敵は退くとき、つまずき倒れてあなたの前に滅びました。

9:4あなたがわたしの正しい訴えを助け守られたからです。

あなたはみくらに座して、正しいさばきをされました。

9:5あなたはもろもろの国民を責め、悪しき者を滅ぼし、永久に彼らの名を消し去られました。

9:6敵は絶えはてて、とこしえに滅び、あなたが滅ぼされたもろもろの町はその記憶さえ消えうせました。

9:7しかし主はとこしえに、み位に座し、さばきのために、みくらを設けられました。

9:8主は正義をもって世界をさばき、公平をもってもろもろの民をさばかれます。

9:9主はしえたげられる者のとりで、なやみの時のとりでです。

9:10み名を知る者はあなたに寄り頼みます。

主よ、あなたを尋ね求める者をあなたは捨てられたことがないからです。

9:11シオンに住まわれる主にむかってほめうたい、そのみわざをもろもろの民のなかに宣べ伝えよ。

9:12血を流す者にあだを報いられる主は彼らを心にとめ、苦しむ者の叫びをお忘れにならないからです。

9:13主よ、わたしをあわれんでください。

死の門からわたしを引きあげられる主よ、あだする者のわたしを悩ますのをみそなわしてください。

9:14そうすれば、わたしはあなたのすべての誉を述べ、シオンの娘の門で、あなたの救を喜ぶことができましょう。

9:15もろもろの国民は自分の作った穴に陥り、隠し設けた網に自分の足を捕えられる。

9:16主はみずからを知らせ、さばきを行われた。

悪しき者は自分の手で作ったわなに捕えられる。

9:17悪しき者、また神を忘れるもろもろの国民は陰府へ去って行く。

9:18貧しい者は常に忘れられるのではない。

苦しむ者の望みはとこしえに滅びるのではない。

9:19主よ、立ちあがってください。

人に勝利を得させず、もろもろの国民に、み前でさばきを受けさせてください。

9:20主よ、彼らに恐れを起させ、もろもろの国民に自分がただ、人であることを知らせてください。




*聖歌隊の指揮者によってムツラベンのしらべにあわせてうたわせたダビデの歌*

別窓 | 詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
詩篇【第8篇】8:1~8:9‐海路を通うものまでも


第8篇


8:1主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。

あなたの栄光は天の上にあり、

8:2みどりごと、ちのみごとの口によって、ほめたたえられています。

あなたは敵と恨みを晴らす者とを静めるため、あだに備えて、とりでを設けられました。

8:3わたしは、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。

8:4人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか、人の子は何者なので、これを顧みられるのですか。

8:5ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、

8:6これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。

8:7すべての羊と牛、また野の獣、

8:8空の鳥と海の魚、海路を通うものまでも。

8:9主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。




*聖歌隊の指揮者によってギテトにあわせてうたわせたダビデの歌*

別窓 | 詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
詩篇【第7篇】7:1~7:17‐わたしを守る盾は神である


第7篇


7:1わが神、主よ、わたしはあなたに寄り頼みます。

どうかすべての追い迫る者からわたしを救い、わたしをお助けください。

7:2さもないと彼らは、ししのように、わたしをかき裂き、助ける者の来ないうちに、引いて行くでしょう。

7:3わが神、主よ、もしわたしがこの事を行ったならば、もしわたしの手によこしまな事があるならば、

7:4もしわたしの友に悪をもって報いたことがあり、ゆえなく、敵のものを略奪したことがあるならば、

7:5敵にわたしを追い捕えさせ、わたしの命を地に踏みにじらせ、わたしの魂をちりにゆだねさせてください。

7:6主よ、怒りをもって立ち、わたしの敵の憤りにむかって立ちあがり、わたしのために目をさましてください。

あなたはさばきを命じられました。

7:7もろもろの民をあなたのまわりにつどわせ、その上なる高みくらにおすわりください。

7:8主はもろもろの民をさばかれます。

主よ、わたしの義と、わたしにある誠実とに従って、わたしをさばいてください。

7:9どうか悪しき者の悪を断ち、正しき者を堅く立たせてください。

義なる神よ、あなたは人の心と思いとを調べられます。

7:10わたしを守る盾は神である。

神は心の直き者を救われる。

7:11神は義なるさばきびと、日ごとに憤りを起される神である。

7:12もし人が悔い改めないならば、神はそのつるぎをとぎ、その弓を張って構え、

7:13また死に至らせる武器を備え、その矢を火矢とされる。

7:14見よ、悪しき者は邪悪をはらみ、害毒をやどし、偽りを生む。

7:15彼は穴を掘って、それを深くし、みずから作った穴に陥る。

7:16その害毒は自分のかしらに帰り、その強暴は自分のこうべに下る。

7:17わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名をほめ歌うであろう。



*ベニヤミンびとクシのことについてダビデが主にむかって歌ったシガヨンの歌*

別窓 | 詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
詩篇【第6篇】6:1~6:10‐主は私の泣く声を聞かれた


第6篇


6:1主よ、あなたの怒りをもって、わたしを責めず、あなたの激しい怒りをもって、わたしを懲しめないでください。

6:2主よ、わたしをあわれんでください。

わたしは弱り衰えています。

主よ、わたしをいやしてください。

わたしの骨は悩み苦しんでいます。

6:3わたしの魂もまたいたく悩み苦しんでいます。

主よ、あなたはいつまでお怒りになるのですか。

6:4主よ、かえりみて、わたしの命をお救いください。

あなたのいつくしみにより、わたしをお助けください。

6:5死においては、あなたを覚えるものはなく、陰府においては、だれがあなたをほめたたえることができましょうか。

6:6わたしは嘆きによって疲れ、夜ごとに涙をもって、わたしのふしどをただよわせ、わたしのしとねをぬらした。

6:7わたしの目は憂いによって衰え、もろもろのあだのゆえに弱くなった。

6:8すべて悪を行う者よ、わたしを離れ去れ。

主はわたしの泣く声を聞かれた。

6:9主はわたしの願いを聞かれた。

主はわたしの祈をうけられる。

6:10わたしの敵は恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らは退いて、たちどころに恥をうけるであろう。




*聖歌隊の指揮者によってシェミニテにあわせ琴をもってうたわせたダビデの歌*

別窓 | 詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| カラスの蒼い空 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。