僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヨハネ第一の手紙*第二章2:6~2:10


【2:6】

「彼におる」と言う者は、彼が歩かれたように、その人自身も歩くべきである。

【2:7】

愛する者たちよ。

わたしがあなたがたに書きおくるのは、新しい戒めではなく、あなたがたが初めから受けていた古い戒めである。

その古い戒めとは、あなたがたがすでに聞いた御言である。

【2:8】

しかも、新しい戒めを、あなたがたに書きおくるのである。

そして、それは、彼にとってもあなたがたにとっても、真理なのである。

なぜなら、やみは過ぎ去り、まことの光がすでに輝いているからである。

【2:9】

「光の中にいる」と言いながら。その兄弟を憎む者は、今なお、やみの中にいるのである。

【2:10】

兄弟を愛する者は、光におるのであって、つまずくことはない。


スポンサーサイト
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヨハネ第一の手紙*第二章2:11~2:15 | カラスの蒼い空 | ヨハネ第一の手紙*第二章2:1~2:5>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| カラスの蒼い空 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。