僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヨハネの黙示録*第14章14:1~14:20

14:1

なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。

また、十四万四千の人人が小羊と共におり、その額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。

14:2

またわたしは、大水のとどろきのような、激しい雷鳴のような声が、天から出るのを聞いた。

わたしの聞いたその声は、琴をひく人が竪琴をひく音のようでもあった。

14:3

彼らは、御座の前、四つの生き物と長老たちの前で、新しい歌を歌った。

この歌は、地からあがなわれた十四万四千人のほかは、だれも学ぶことができなかった。

14:4

彼らは、女にふれたことのない者である。

彼らは純潔な者である。

そして、小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。

彼は、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。

14:5

彼らの口には偽りがなく、彼らは傷のない者であった。

14:6

わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。

彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてきて、

14:7

大声で言った、

「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め」。

14:8

また、ほかの第二の御使が、続いてきて言った、

「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」。

14:9

ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、

「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、

14:10

神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。

14:11

その苦しみの煙は世々限りなく立ちのぼり、そして、獣とその像とを拝む者、

また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。

14:12

ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある」。

14:13

またわたしは、天からの声がこう言うのを聞いた、

「書きしるせ、『今から後、主にあって死ぬ死人はさいわいである』」。

御霊も言う、「しかり、彼らはその労苦を解かれて休み、そのわざは彼らについていく」。

14:14

また見ていると、見よ、白い雲があって、その雲の上に人の子のような者が座しており、

頭には金の冠をいただき、手には鋭いかまを持っていた。

14:15

すると、もうひとりの御使が聖所から出てきて、雲の上に座している者にむかって大声で叫んだ、

「かまを入れて刈り取りなさい。地の穀物は全く実り、刈り取るべき時がきた」。

14:16

雲の上に座している者は、そのかまを地に投げ入れた。

すると、地のものが刈り取られた。

14:17

また、もうひとりの御使が、天の聖所から出てきたが、彼もまた鋭いかまを持っていた。

14:18

さらに、もうひとりの御使で、火を支配する権威を持っている者が、祭壇から出てきて、鋭いかまを持つ御使にむかい、大声で言った、

「その鋭いかまを地に入れて、地のぶどうのふさを刈り集めなさい。ぶどうの実がすでに熟しているから」。

14:19

そこで、御使はそのかまを地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込んだ。

14:20

そして、その酒ぶねが都の外で踏まれた。

すると、血が酒ぶねから流れ出て、馬のくつわにとどくほどになり、一千六百丁(192Km)にわたってひろがった。

スポンサーサイト
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まことちゃんの食欲 | カラスの蒼い空 | プチカボチャと思ったら>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| カラスの蒼い空 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。