僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヨハネの黙示録*第16章16:1~16:21

16:1

それから、大きな声が聖所から出て、七人の御使に向かい、

「さあ行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に傾けよ」と言うのを聞いた。

16:2

そして、第一の者が出て行って、その鉢を地に傾けた。

すると、獣の刻印を持つ人々と、その像を拝む人々とのからだに、ひどい悪性のでき物ができた。

16:3

第二の者が、その鉢を海に傾けた。

すると、海は死人の血のようになって、その中の生き物がみな死んでしまった。

16:4

第三の者がその鉢を川と水の源とに傾けた。

すると、みな血になった。

16:5

それから、水をつかさどる御使がこう言うのを、聞いた、

「今いまし、昔いませる聖なる者よ。このようにお定めになったあなたは、正しいかたであります。

16:6

聖徒と預言者との血を流した者たちに、血をお飲ませになりましたが、それは当然のことであります」。

16:7

わたしはまた祭壇がこう言うのを聞いた、

「全能者にして主なる神よ。しかり、あなたのさばきは真実で、かつ正しいさばきであります」。

16:8

第四の者が、その鉢を太陽に傾けた。

すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。

16:9

人々は、激しい炎熱で焼かれたが、これらの災害を支配する神の御名を汚し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった。

16:10

第五の者が、その鉢を獣の座に傾けた。

すると、獣の国は暗くなり、人々は苦痛のあまり舌をかみ、

16:11

その苦痛とでき物とのゆえに、天の神をのろった。

そして、自分の行いを悔い改めなかった。

16:12

第六の者が、その鉢を大ユウフラテ川に傾けた。

すると、その水は、日の出る方から来る王たちに対し道を備えるために、かれてしまった。

16:13

また見ると、龍の口から、獣の口から、にせ預言者の口から、かえるのような三つの汚れた霊が出てきた。

16:14

これらは、しるしを行う悪霊の霊であって、全世界の王たちのところに行き、彼らを招集したが、

それは、全能なる神の大いなる日に、戦いをするためであった。

16:15

(見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、さいわいである。)

16:16

三つの霊は、ヘブル語でハルマゲドンという所に、王たちを招集した。

16:17

第七の者が、その鉢を空中に傾けた。

すると、大きな声が聖所の中から、御座から出て、「事はすでに成った」と言った。

16:18

すると、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが起り、また激しい地震があった。

それは人間が地上にあらわれて以来、かつてなかったようなもので、それほどに激しい地震であった。

16:19

大いなる都は三つに裂かれ、諸国民の町々は倒れた。

神は大いなるバビロンを思い起こし、これに神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。

16:20

島々はみな逃げ去り、山々は見えなくなった。

16:21

また一タラントの重さほどの大きな雹が、天から人々の上に降ってきた。

人々は、この雹の災害のゆえに神をのろった。

その災害が、非常に大きかったからである。

スポンサーサイト
別窓 | 聖書*新約聖書*旧約聖書*手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<聖ヴォルフガングと悪魔 | カラスの蒼い空 | ヨハネの黙示録*第15章15:1~15:8>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| カラスの蒼い空 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。