僕のすべて@徒然なる日々ヽ(´&`ο)(ο´&`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
グリーン・インフェルノ


昨夜、イーライ・ロス監督の新作映画『グリーン・インフェルノ』食人族のDVDが解禁になっていたので見てました

私個人の率直な感想を言いますと物語は申し分なかったのですが...

でもやはりヒット作のイーライ・ロスと言えば『ホステル』とどうしても比較してしまいゴアゴアしさが弱かったかなと

物語の人物たちも、それを見ている私たちにとっても最後まで生きた心地をさせないのが今作には足りなかったかなあって

本当そこ一点だけ!

(あんたもう病気だろw)

それを言うと2012年の『アフターショック』の方が地震後の人間模様を深く描いていて恐怖したものです

混沌とした状況下の恐怖

まあ確かに監督が同じでも物語も違うし作風が変わってくるのも分かります

何やら不確かな情報ではありますがグリーン・インフェルノには続編があるそうなのでそちらに期待したいです

ただ今作ではネタバレになりますが自家用の飛行機が森林へ墜落した直後のパイロットの悲劇には唸りましたね

デッドコースターシリーズのハイウェイ以来の顔面直撃図\(^o^)/

樹木ロケット発射~ってね!(笑)

しかし人を食べる民族(食人族)または(人食い人種)って実際に居たらしいんですってね

餓死や飢えを免れるとかじゃなしに個人的に料理として食べていたり人を家畜にして飼育していたりだとか

更に捕まったのか何なのか分かりませんが彼らの供述によるとこうです

【白人の人肉は煮ても焼いてもポリネシア人より不味い】

ですってね(; ̄∇ ̄)ノ

じゃあ食うなよ!ってそう言う話でもないか=3

だいたい今まで世に出てきたカニバリズム殺人鬼たちは皆さんそれぞれ独自の調理法があっても不味いなんて聞いたことがなかったがなあ

ちなみに

大昔、日本でも穏やかではない歴史を開くと数人カニバリズムは居たらしい

ほんと人の肉を食べたいって感情や感覚はどこからやってくるんですかね

まあ知りたくはないのは確か(笑)

人の肉を食べたら人として終わりでしょ

焼肉だ焼き肉!牛に感謝しながら焼肉パーテーで十分です!

ああ・・・逆効果だったか急激にお腹がすいてきてしまった=3

てか虫の形をしたグミって以前ありましたがあれは虫好きの私からしたらグミでもショックだったなあ

これがもしも人ならどうよ?ショックだよね!

その前に商品化にならない

じゃあ虫はいいのか虫は!

同じ命ある生きとし生けるものの差別じゃないのか!

って何だかこのままだと別の方にまで火がついちゃいそうで怖い(笑)

そこまで興奮してないけど(゚∀゚。)ゞ

また弾けるおじさん






それではまた(。゚∀゚)∩

スポンサーサイト
別窓 | theater*dream | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うぇーいっていったい | カラスの蒼い空 | アカヒトさん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| カラスの蒼い空 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。